令和4年がスタートしました。皆様にはいつもご協力、ご支援頂き有難うございます。どうぞ今年も宜しくお願い致します。
私たちの桃の会は自助の会であり小さな家族会です。家族会が求めるものは目立つことや評価されることではなく、テクニックが必要でもありません。「一人一人を大事に理解しようとする心」それだけです。しかしそれを実行することはとても難しいことですが、効率を追い求めるあまり心が見えなくなってしまった今の社会の中で「一人一人を大事に理解しようとする心」は家族会だけではなく社会全体にとても求められ、必要とされているのではないでしょうか。理解は理解を生み信じる力となると思うからです。

私たちの会で出来ることは限られていますが苦しみ悩んだ家族(当事者も含めて)だからこそわかること、出来ることがあり、心深くに刻まれたことがあるのです。それらを原動力として今年もメッセージを発信していきたいと思います。

山梨県桃の会会長 篠原博子