桃の会 11月の活動

11月はミニグループトーク、当事者スペース、テーマトークを行います。

今年もあと2か月あまりになりました。桃の会の活動も一年一年が慌ただしく過ぎていきます。
季節の移り変わりの中で皆様如何お過ごしでしょうか。中々皆さんの個々に届く活動に及ばず申し訳なく思っております。これからも社会の中で増え続けていくだろう「ひきこもり」たとえ社会に出たとしても生き辛さを抱えて孤立することが多くなるように感じております。ひきこもることが段々特別の事ではなくなり問題として感じなくなる社会はとても怖いことです。この現象の怖さとは生き辛く孤立していく社会が益々色濃く広がっていき、人と人との関係の中で学べる機会がなくなること、そして人が自己中心的になっていく事だと思います。そのような社会の変化が当たり前になり、違和感を感じなくなってからではすでに遅いと思うのです。子供、きょうだいのひきこもりを体験している私たちが周りに流されることなくまずこの問題にしっかり向き合わなくてはならない・・と強く感じます。この集まりが大事な気付きの場になって欲しいと願います。

ミニグループトーク 11月20日(日)10時~ 県立青少年センター第2会議室 一家族¥500

テーマを投げかけてトーク、兄弟姉妹・親グループに分かれます      当事者無料

当事者スペース  11月20日(日)13時~ 県立青少年センター和室      参加費無料

テーマトーク 11月12日(土)13時~16時 福祉プラザロビー 参加費無料 お申込み不要です

         テーマ『当事者スペースに求めるもの』

▶桃の会・都留  今回は都合によりお休みさせていただきます。

**コロナ感染防止のためマスクの着用のご協力をお願い致します

前の記事

桃の会 10月の活動